男性より女性の体脂肪率が高い訳

男性より女性の体脂肪率が高い訳

男性より女性の体脂肪率が高い訳

男性に比べて女性は体脂肪率が高いことが分かっています。実際に適正体脂肪率、男女別の体脂肪率を見ても、分かりやすいほど違いがあります。
そこには、男性女性それぞれの体の作りの違いやホルモンが関係していました。

 

まず、助成は女性ホルモンによって脂肪がつきやすくなっています。これは、妊娠や出産に備えるためです。

 

脂肪には種類がありますが、女性は「皮下脂肪」が多い傾向にあります。この皮下脂肪が妊娠中の胎児の体や臓器を守るために役立ちます。また、女性らしい丸みのある体も女性ホルモンによる皮下脂肪がつくためです。

 

女性ホルモンには脂肪を生成するサポート力もあるため、女性は男性に比べて体脂肪が10%ほど多いと言われています。

 

女性ホルモンの分泌が多いので、助成は皮下脂肪がつきやすいのですが、内臓脂肪はつきにくい体質とされています。一方、男性の男性ホルモンは筋肉の増強をサポートするので脂肪よりも筋肉がつきやすい傾向にあり、脂肪でも内臓脂肪がつきやすいとされています。

 

こういった違いによって女性の方が体脂肪が高くなります。しかし、女性でも閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が減っていくので、内臓脂肪がつくリスクが高くなります。

 

また、年齢的に30代になると筋肉量が減ることで基礎代謝が低下し、余計に脂肪がつきやすくなります。